副業をしたいけど、どうしても一歩が踏み出せない人へ

frustrierte schülerin

 

副業をしたいけど、どうしても一歩が踏み出せない人へ

副業をしてみたいけど、躊躇している人は多いと思います。

でも、躊躇しているうちに、あなたの経済状況は茹で鍋に入れられたカエルのようにどんどん悪くなっていきます。

できない(やらない)理由を挙げるのは簡単です。

年齢を理由にしている方は、来年はもっと歳をとっています。

時間を理由にしている方は、来年はもっと忙しくなるかもしれません。

いま一歩踏み出さなければ、状況はどんどん悪くなっていきます。

家族を理由にしている方は、その家族のためにがんばってみましょう。

いま一歩踏み出さなければ、状況はどんどん悪くなっていきます。

Kid reading book

多くの人が新しいことにチャレンジすることを怖がっています。

自分がいままで経験したことのないことをすると失敗するのではないか、と思ってしまうことがあります。

いままで、サラリマーンとしてOLとして、お金を稼ぐ方法は給料として会社からもらうもの、という固定観念がある人は

自分で、お金を稼ぐことに罪悪感を感じてしまいます。

こんな、ことでお金をもらっていいのかな?

誰かに後ろ指をさされないかな?

でも、あなたは何も悪いことをしているわけではないのです。

あなたがした、サービスや、売った商品を喜んでくれる人がいるのですから、お金が稼げたのです。

堂々とお金を稼ぎましょう。

あなたが、副業することで、周りの人を幸福にします。

最初の一歩を踏み出したとき、あるいは次のステージに上がった時

なんとなく、居心地が悪いかもしれません。

同業者のブログなどを見れば、そこには、すでにずっと前からやっている別の人がいて、その人は自分は絶対勝てない『すごい人』と勝手に思い込んでしまったりします。

ですが、彼らもまた最初は新参者だったのです。私を含めいまのあなたと同じでぎこちなく、なかなか最初の一歩が踏み出せなかったのです。

Sailor kid looking through the binoculars against blue sky background

Sailor kid looking through the binoculars against blue sky background

ですから、こうした感情は生長に伴う『痛み』と捉えましょう。

最初の一歩を踏み出そうとする時、背伸びして大きな舞台に上がろうとする時、

誰もが同じように感じている、あるいは感じたことがあると知っておくと楽になります。

よく自信がないので、ちゅうちょしていると言う人がいますが

やってみて初めて自信が生まれるのであって自信があるからやるわけではないのです。

最初は、月5万円でもいいと、思います。

1年で、60万円、年収が増えたらどうでしょう?

家族で海外旅行に行けたり、新しい車に買い替えたり、広い部屋に住めたり

できることが増えると思います。

Child is pretending to be a soccer player

そして、得られたのは、お金だけではありません。

会社に頼らずに、自分の手で稼げたという自信が生まれます。

この自信をもとに、もっと本格的に稼いでもいいですし

独立の足がかりにもなるでしょう。

大切なのは、最初の一歩を踏み出せるかどうかです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る