副業でやる中国輸入のいくつかのノウハウ

Kid with jet pack riding bike. Child playing at home. Success, leader and winner concept

 

副業でやる中国輸入のいくつかのノウハウ

副業で中国輸入を考えている方も多いと思いますが、その方法はいくつもあります。

<1> まず、もっともオーソドックスな方法と言える、タオバオやアリババで購入し、商品を手元で確認してからアマゾンで売る方法。

何をうるかは、ものレートなどで確認し、『すでによく売れているものを売る』

すでに売れているものをどう探すのかは、中国輸入を実践しているアマゾンセラーを割り出し、彼らの出品一覧から、利益がとれ、売れやすいものを選ぶ。

俗に相乗り(あいのり)と呼ばれる。

自分で確認できるし、包装なども工夫できるの、クレームは極力さけられるはず。

デメリットとしては、在庫を抱えることになるので、不良在庫や値崩れが心配。

また、人の商品を真似るので、すでにライバルがいるため、価格競争に陥りやすい。

Young confident businessman leaning on big question mark

Young confident businessman leaning on big question mark

<2> まだAmazonで売られていない商品を自分で探し出し売る方法

相乗りと呼ばれる<1>とは違い、まだアマゾンで売られていない商品を自分で発掘する方法。

これだと、
自分が始めに売るので、しばらくの間、市場を独占できる。

当然、利益もガッツリ確保できる。

デメリットは売れるまで時間がかかることと、実際売れるかどうかもわからない。

ページを作り込む労力、不良在庫のリスクがある。

Gates at Fushimi Inari Shrine in Kyoto, Japan.

<3>無在庫で販売し、売れた後中国から送る方法

<2>の在庫リスクを無くした方法で、無在庫で中国から発送するのだ。

これは、私も驚いた。まさか中国輸入で無在庫出品ができると思わなかった。

この方法だと、在庫リスクを背負う必要がない。売れたものを発送すれば良いので。

ただ、出品ページを作ることは必要だ。

また、在庫リスクはないが、自分で商品のチェックができないので、
よっぽど現地のスタッフを教育しないと、クレームが多発しそうだ。

<2>と<3>を合わせ、最初無在庫で、売れるものがわかったら有在庫を持つというのもアリだと思う。

<4>現存する商品のパッケージや一部仕様を変更してOEMとして売る方法

簡単な方法はパッケージだけを変えて売る方法だ。

パッケージが日本語だけでも、消費者はずいぶん安心する。

そのほか、色だけを変えたり、一部仕様を変えたりすれば、ほかのセラーは相乗りできないので独占的に売ることができる。

もちろんすでによく売れているものを選定する必要がある。

販売当初は、アルゴリズム上、なかなか上がってこないかもしれないが上がってくれば、自分だけが独占できる。

Shouting child businessman with retro phone. Success communication business concept

Shouting child businessman with retro phone. Success communication business concept

<5>オリジナル商品を作る方法

<4>と違うところは、完全にオリジナルで商品をつくってしまうところだ。

ここまでくると、副業では少し難しいように思えるが、
意外とできてします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る