副業中国輸入の始めの一歩

Child having fun on the beach against sea and sky background. Summer vacation and travel concept

 

副業中国輸入の始めの一歩

中国輸入を始めるにあたって、仕入先はタオバオか、アリババ(という中国のショッピングサイト)になるが

日本人だと直で買うことは難しい。

特にタオバオだと、アカウントがないと買えない。(アカウントを作るのはかなり面倒)

そこで、誰か(中国人か、中国にいる日本人)に購入(仕入れ)を代行してもらう必要がある。

主に2つの方法が有る。

中国輸入の代行業者にお願いするか、自前で中国人パートナーを見つけるかだ。

中国輸入をしようとすると代行業者が幅を聞かせている。

Cherry blossom festival at Thomas Jefferson Memorial in Washington DC, United States

Cherry blossom festival at Thomas Jefferson Memorial in Washington DC, United States

代行業者は日本人がやっているので、言葉の心配はない。

ただ、恐ろしくコストがかかる。利益の10%は取られと思っていい。

そうすると、30%の利益が20%になってしまうようなこともある。

一見、良心的な価格に見えても、為替が自社レートでボッタクってたりと割に合わない。

本や、ブログや、実際に中国輸入をやっている人に聞いてみると良いが、代行業者を勧めるのは

裏でつながっていたりする。

私が始める前に読んだ本の1冊は代行業者を推奨。しっかり代行業者の具体的な紹介まで載っていたが、そういうことなのだろう。(代行業者の宣伝の為に本を書いたとまで邪推してしまう。)

そこで私はコスト面を考えて、迷わず、パートナーを選択。

コストの面以外で、代行業者よりパートナーを選んだほうがいい理由は、仕入れ商品のリサーチまで一緒にお願いできてしまうからだ。

逆に、代行業者の場合、依頼した商品がすごく利益率の良い商品だったらパクられたり、情報を漏らされたりすることも考えなければならない。

もちろんパートナーだってそういう可能性はあるだろうが、しっかり信頼関係ができていれば極力リスクは避けられるだろう。

Panda Bear

中国人パートナーの探し方だが、私はネットの求人募集サイト。

ランサーズなどを使った。また中国関係の掲示板、中国情報局というサイトからも募集した。

リサーチと購入の流れ、報酬などを簡単に書いて1週間ほどで2名の募集があった。

どちらも日本語は問題なさそうだった。

1人は女性で、こういった仕事は初めてのようだった。主婦で時間は余っているようだった。

もう一人は男性で、現在は無職だが、起業を考えていると言っていた。

野心的なようだったが、さすがに起業を考えているほどなので優秀だ。

言われた仕事はキチンと仕事をこなすし、言われなくてもエクセルでまとめてきてくれたりする。

『慣れてる・・』と思った。おそらく現在他の日本人パートナーがいるか、過去に同じような仕事をしていると思う。

情報をもらされる可能性はあるが今のところ問題ない。

優秀なので、逆に囲いたいと思っている。近いうち私専用のパートナーにしようと思っている。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る