同僚には副業の話はするな!

Mountainbiker rides in sunny forest

 

同僚には副業の話はするな!

 

読者のみなさんの多くは、副業で『せどり』や『アマゾン輸出』や『中国輸入』をされています。

ところで、副業をしている事を、友達や本業の同僚に伝えていますか?

私は伝える必要はないと思います。(それが一番です。)

何かの拍子で、会社の耳に入る可能性もあると思いますし

同僚や友達に言ってもあまり良い事はないと思います。

また、副業をしようかどうか、迷っている、というような相談すると

『副業なんて、辞めろ』と多くの人が、反対するでしょう。

また、口では応援しているというようなことを言ってくれる人の中でも、

心の中では、あなたに副業なんてしてもらいたくないと思っています。

何故でしょう?

実はあなたに金持ちになってほしくないのです。

簡単に言うと、『嫉妬』や『やっかみ』ですね。

人は同じ属性の人に、出し抜かれる事を恐れます。

毎日一緒に働いて、同じように不満の多い(?)サラリーマン生活をしている

Businesspeople sitting at the table.

同僚の一人であるあなたが、いきなりお金持ちになってしまうのは悔しいのです。

私がサラリーマンをしながら副業でネットショップをしている時

よく、『最近、副業どうなの?』とか『儲かっていんの?』とか

(かなり上から)様子を探られていました。

月収が3万円とか5万円の小遣い程度の収入であった時は

よく応援してくれましたが、10万円とか20万円になると、彼らの態度が変わります。

今まで、『副業までしてそんなに働いてどうすんの?』的な態度で

心の中で馬鹿にしていたのに、急にすり寄ってくるような態度になります。

何故か、『オレも副業してみようかな?』とか

『オレにも教えてくれよ』というような事を言ってくるようになります。

(腹立ちますよねー)

そして、残念な事に、『教えてほしい』という人の多くは『楽に』稼ぐ事を考えています。

あなたが、本業をしながら、10万とか20万稼ぐと、

周りの人たちはそんなに楽に稼げるのか?と思っています。

(そんなに楽な訳はないが、私もそう思われていた。ナメラレタもんですねー。)

心の中では、『オマエがそんなに簡単に稼げたなら、オレにもできるはず』という思考です。

本当に、努力を厭わず、稼げるようになりたい,という人には教えてあげれば良いと思います。

でも、多くは、そんなふうに考えている人たちです。

同僚や、友達は多くの場合、上のステージになんとか駆け上がろうと(這い上がろう)

としているあなたの足を引っ張ろうとします。

同僚に言うのは、退職のギリギリのときで良いと思います。

同僚や友達には副業について理解される必要はありませんが

理解してもらった方が良い人たちがいます。

家族やパートナーです。

Young woman discussion with parrot in zoo

Young woman discussion with parrot in zoo

この方達を仲間にしておけば、非常にやりやすくなります。

不在時の荷物の受け取りや、梱包、出品のお手伝い、経理などの作業だけでなく、

お金の援助などや、作業場の確保など家族が、助けてくれる場面はたくさんあります。

(部屋が商品でいっぱいになると家族との軋轢がうまれやすい)

最初はなかなか理解してくれないかもしれませんが、

何ヶ月以内に月収いくらにする、とか、1年で独立するつもりだとか、ビジョンを明確にして

現状を小まめに報告しましょう。あなたが一生懸命取り組んでいれば

そのうち理解してくれると思います。

家族はできるだけ説得して、味方にしましょう。
   

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る