今、新しい副業はシェアビジネス

Rear view of a four people family in their car leaving for the weekend. Focus on the smiling little girl and blond boy who are completely turned on their black seat, looking at camera

 

今、新しい副業はシェアビジネス

 

21世紀のビジネスは個人間取引だといわれています。

これは、世界的な潮流で、企業と個人(お客さん)という BtoC から 個人間取引 CtoC への流れが加速しています。

企業との取引なら、手数料や儲けをガッツリ上乗せされて、買わなかければならないので、それなら個人間で取引したい、ということでしょう。

この流れにより、ebayやヤフオク、最近だとメルカリなどの個人間とりひきが増えてきているわけです。

アマゾンのマーケットプレイスでも(間にアマゾンが入っているのでわかりづらいですが)個人間取引です。

せどりや、ebay輸出、アマゾン輸出も、この流れのなかで生まれたビジネスです。

本来、CtoC(個人間取引)だったのに、いつのまにか、売る方の個人が企業になってしまったというわけです。

これにより、恩恵を受けた方もたくさんいて、せどりやアマゾン輸出で大きく稼いでいる人もいます。

さて、この個人間取引(今まで中心は個人間での売買が主流だった)が最近では、シェアビジネスという新しい側面へも波及していきました。

これが今の新しい流れです。

Picnic in park

ウーバー(UBER)エアビーアンドビー(Airbnb)という言葉を聞いたことがありますか?

ウーバーはタクシーのような配車サービスですが、ドライバーは素人の個人で、車もそのドライバーのものです。

運転代行サービスに似ていますね。(私は東京で育ったためか、最近まで運転代行サービスという存在自体しらなかった)

ウーバーはまだ本格的に普及していませんが、エアビーアンドビーは熱いです。

Fotolia_94630907_Subscription_Monthly_M

エアビーアンドビーとは、自宅を宿泊施設として貸し出すことで1日単位で賃料を得ます。

訪日外国人数が昨年2000万人近くになったこともあり、

日本の宿泊施設は絶対的に足り無いのです。

政府は2020年までに4000万人に増やす予定です。

あと4年で2000万人分の宿泊施設は、どうホテルを建設しても足り無いです。

Luxury Home with Pool at Sunset
このシェアビジネス、ホテルやタクシーの運営を個人がするようなものですが、

ホテルやタクシーだけじゃ無いんです。

土地レンタルや、部屋レンタル、車レンタルから軒先レンタルまで多岐に渡ります。

akipppa というサイトは個人間で空いている駐車場を貸し借りことができます。

撮影現場を提供する ロケスタ。 車の個人間レンタルができる CaFoRe

どうせ空いているなら、お金をもらって貸そう、ということができるのです。

これは、貸すものが無いとできませんが、

副業として考えても、せどりや輸出入と比べて、労働時間は極めて少なくできそうです。

シェアビジネスという新しい発想で、ビジネスを考えてみるのも面白そうです。

なにか、貸せるものはないでしょうか?

それがビジネスにつながるかもしれません。

 
 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る