副業実践者が無視できなくなったメルカリ

Happy driver woman on summer vacation

 

副業実践者が無視できなくなったメルカリ

 
 

フリマアプリというのを聞いた事があると思います。

いくつかあるのですが、一人勝ちしているのが、言わずと知れたメルカリです。

すでに、3000万以上ダウンロードされているそうです。

スマホ人口を考えると、スマホを持っている半分ぐらいの人がダウンロードしているのではないでしょうか?

これは、思っていた以上に大きな市場です。

大きな市場は必ずビジネスチャンスが生まれます。

メルカリ

いままで、副業レベルでの国内での物販は、アマゾン、そしてヤフオクが売り先としてメインだったと思います。

あとは、ヤフーショッピング、楽天、独自ショップなどですが、副業レベルではそう多くはいないと思います。

輸入系ならバイマなどが考えられますが、プラットフォームとしてはこれくらいになると思います。

副業をしている方の8割アマゾン、残り2割がヤフオクを利用という感じでしょうか。

意外にヤフオク多いかな、と思うかもしれませんが、カメラ転売などは、ヤフオクが主戦場ですから。

ここ1年ほどで、この2強に第三の勢力メルカリが割って入ろうとしています。

メルカリとヤフオク等との違いを確認してみましょう

・スマホでの取引、パソコンではできない

・高値で売れる

・素早く売れる(24時間以内に約半分売れる)

・オークション形式ではない

・素人のみの取引(業者は排除される)

・簡単にアカウント削除される

こういった特徴があると思いますが、まず気になるのは

つまり商売っ気をだしてはいけないのです。

しかし、我々は商売をしなければいけませんので、どうやってかいくぐるのかがポイントとなってきそうです。

(すでに大量にアカウントを作る方法などが情報として入ってきます)

ただ、業者が排除されているため、仕入先としても有望です。

素人が出品しているので、低価格で刈り取れる可能性が高いです。

Portrait of a smiling grey hair man with beard, working at home

そして、副業としてやる際、絶対に必要なのがツールです。

メルカリはスマホでの取引となるので、まともにやると非常に手間と時間がかかります。

すでにいくつものメルカリ用のツールが販売されていますが、私が使った中で一番使い勝手がよかったのがこちらになります。

これを使うことによってまずPCでの出品ができるようになります。

出品用としても、刈り取り用としてもこれ以上優れたツールは今のところなさそうです。

 
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る