中国輸入はせどりとは違い、難易度が高い理由

中国輸入

まず、前提として、中国輸入は難易度が高いです。

最近は他の国も結構ありますが、ひところまで日本で売られている100円ショップや雑貨やノーブランドの電気製品はほとんど中国製です。それだけ、中国製が安く、そこそこの品質があると思われているわけです。

中国で買ったらもっと安いよね。そして、日本で売ったら儲かるんじゃないか、という発想から中国輸入は始まりました、売り先はアマゾンがメインです。

同じようにアマゾンを売り先としているビジネスは他にもあります
せどりやアマゾン輸出や、欧米輸入も一見、同じビジネスモデルに見えます。ただ、中国輸入はそれらとは決定的に違います。

せどりや、アマゾン輸出や、欧米輸入は、いわゆる転売です。
右から左に商品をながすだけ(買って、アマゾンに納品するだけ)でした。
最初は、中国輸入もそんな感じだったんです。

でも、品質は悪いから検品はしないといけないし、包装はボロボロだから交換しなければいけないし、手間がすごく大変なのです。

現地の中国人パートナーにチェックさせようも、文化がちがうので、日本人的な『キレイ』『問題ない』がそもそも違うのです。

無理ではないですが、教育にすごく時間がかかります。

いずれにしろ、仕組みを作るが、自分がやるかです。

中国輸入の難易度が高いのはそれだけではありません。
仕入先となるサイト(タオバオかアリババ)が限定されるため、他のセラーとかぶってしまうのです。一つのページに複数のセラーが売るいわゆる相乗りをすると、アツと言う間に値下げ競争が始まり、気づいたら誰も儲かっていないという状態になります。

そのため、ページを自分で作るのです。写真を撮って、商品説明文を作って、検索されそうなタイトルをつける必要があります。

せどりやアマゾン輸出や欧米輸入はそのような面倒なことはしません。

さらにさらに、自分でページを作っても、他のセラーもそれぞれ自分のページを作って同じものを売っていると差が出ません。

ここから脱出するためには自分だけのオリジナル商品を作る必要があります。OEMという手法ですが、意外と簡単に作ることはできます。

ただ、これが大変なのは、ロットがかなり大きいのです。1000個とかの在庫を抱えなければいけないのです。