副業が会社にバレたら解雇?

Happy child drinking apple juice in spring park

 

 

給料が上がらない、会社の業績が上がらない、個人でビジネスをしやすくなった事などが追い風となり、徐々に副業する人も一般的になってきましたが会社に副業がバレた場合、どうなのでしょうか?

 

今や副業を推奨している会社さえある中で、副業を禁止している会社も多いと聞きます。ある調査によると、約半数の会社が社員の副業を禁じています。

 

そのような会社でもし、副業をしていることがバレたら、即クビになってしまうのでしょうか?それとも『ごめんなさい』程度で済むのでしょうか?

 

まず、確認すべきは会社の就業規則です。この就業規則に副業禁止がかいてあるか確認してみましょう。就業規則自体がない会社の場合は総務課等に聞いてみましょう。

 

就業規則に記載があり、副業がバレてしまった場合、何らかの罰則や注意が与えられるかもしれませんが、それだけで即解雇という程厳しい結果になる事はほとんどあり得ないでしょう。

 

バレた場合はまず、注意される事になると思いますが、それで副業を止めれば、それ以上事はすすまずに、特におとがめはないでしょう。

 

注意を受けてすぐに止めますと言いながら、止めなかった場合、当然2回目の注意を受けるでしょう。罰則も厳しくなると思いますが、それでも解雇までは行かない場合がほとんどでしょう。

 

どうしてもお金が必要な場合で、副業をせざるを得ない場合。例えば病気の家族がいて、どうしても本業の給料だけでは足りない、と言った場合、裁判の判例では副業が認められています。

キチンと会社に説明をし、会社に副業をする理由を説明し、会社に認めてもらいましょう。裁判の判例もあり、会社は認めざるを得なくなります。

 

どうしてもお金が必要で副業しなくてはならない場合以外でも、会社に副業が認めてもらえる場合もあります。意外と会社は認めてくれる場合があります。会社としては優秀な人材を手放したくないという現実があるからです。

 

ただ、本業に支障が出るような場合は止めましょう。会社側としても副業を認めてやっているのに、本業に集中できていないようでは、会社としても面白くないでしょう。おあくまで本業に支障が出ない程度に副業をしましょう。また、このように会社に認めてもらって副業を交渉する場合は、会社と同じくらいの収入を副業で稼げるようになってからだと良いと思います。万一本業を失う事になっても、副業で暮らしていけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る