確かに利益率はすごいけど、売れるまでに何ヶ月?

Funny child businessman hiding behind banner. Success, creative and business concept

よく、セドリ系のメルマガやブログ、あるいは副業系の雑誌を見ていると、

利益率60%ですとか、40%とか、威勢のいい投稿が目に付きます。

こういうのは、中古の場合が多いですね。

確かに、利益率が良いとういことは魅力です。

少ない資金で、多くのお金が得られるわけですから。

例えば、1万円の仕入れで、15,000円で売れるとすると

(手数料は考慮せず)5000円の利益が残るわけですが、

1万円の仕入れでも12,000円でしか売れなかったら

2000円しか利益が残りません。

苦労して売ったのだから、利益が多い方がいいに決まっています。

ただ、回転率も考えなくてはならないのです。

それ確かに5000円の利益がでたけど、売れるまでに何ヶ月かかった?ってことです。

1ヶ月以内に売れるなら、良いですが、例えば3ヶ月かかって売れたなら

私は大して美味しくない仕入れだな、と思います。

それなら、2000円の利益で、3回店させた方が良いのでは?と考えます。

十分な資金があって、寝かせられるだけ寝かせられるのであれば別ですが。

利益率の良さを『ウリ』にしているものは、回転率を考えてみましょう。

アマゾンならモノレート、ヤフオクなら『落札相場を調べる』で大体わかると思います。

高利益率、低回転のものは中古商品が多いですね。

私も先日、ある中古系のセドリツアーに参加して、利益率の高いものを見させてもらいましたが

帰って、いろいろと回転率をしらべてみると・・

『全然、売れてねぇーじゃねーか!』となりました。

見た目の利益率に惑わされることなく、どのくらいの回転なのか本質を見抜きましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る