楽に稼げるビジネスは、すぐに稼げなくなる①

Thinking child bored, frustrated and fed up doing his homework

『よく、3ヶ月で月商100万円いきました。』とか

『半年で月収100万円になりました。』とか

そのビジネスを始めてからいかに早く稼げるようになったかというのを自慢する人がいます。

どれだけ簡単に稼げるか、ということをアピールしたいのか、ランディングページなどに、ドヤ顔でのっていたります。

あるいは、教える側として、『◯ヶ月で、◯十万円稼がせました!』とか、『必ず半年で100万円稼がせます!』

という話はよく聞きますが、あまり価値がナインじゃない?と思います。

半年で月収100万円はわかったけど、7ヶ月目はどうなの?

1年後はどうなの?とおもうのです。

たとえば、物販であれば12月は国内でも海外でもすごく売上が伸びます。

12月の利益が100万円なら、2月の利益は50-60万円ではないかと思います。

当然、一番都合の良いところだけ切り取っている訳です。

そこは、一つ騙されないで、と思うのですが。

短期間で稼げてもあまり意味ないよとおもうのは、

簡単に稼げるビジネスは簡単に稼げなくなるからです。

3ヶ月で100万円稼げるようになるより、5年間毎月安定して50万円稼げるビジネスの方が全然良いと思います。

短期間で急激な売上を上げられるビジネスは物販では、

アマゾン・バイマ・メルカリなど、プラットフォームに依存しているビジネスになると思います。

プラットフォームに依存しているビジネスがなぜ危ういのか?

実は、自分の力で売上を作ったと錯覚してしまうのですが、じつはプラットフォームのチカラ(集客力・信用力)が大きいのです。

プラットフォームの気分次第でアカウントが飛ばされ、ビジネスが続けられないような事も必然的に多くなります。

(アマゾンやメルカリに特に多いです。)

そして、もう一つ忘れてはいけないのが、『あなたが簡単に成功したくらいだから、他の人も簡単に成功できるのです。』

ということは、早かれ遅かれライバルが溢れ、飽和するのです。

だから、よく◯ケ月で◯十万円稼ぎました。というのは、そこがピークだったりします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る